石橋修建築設計室

設計監理の流れ

 規模にもよりますが、基本的な設計監理の流れは以下のようになります(戸建住宅の場合)。

調査・企画
(2週間~1ヶ月程度)
■ヒアリング

お客様の要望をヒアリングさせていただき、それを基に提案をいたします。

■調査

設計を進めるにあたっての関連法規や敷地条件を調査します。

基本設計
(2ヶ月程度)
■設計監理契約

おおよその建物規模を決めた上で、設計監理契約をしていただきます。

■基本設計

基本となる平面プランや、デザインイメージなどを決めていきます。

全体の方向性を決めていく、設計作業の中でも一番重要な段階です。

■概算工事費

基本設計に基づく概算工事費もこの段階で出しておきます。

実施設計
(2ヶ月~4ヶ月程度)
■実施設計

基本設計を基に、詳細の設計図を作成します。

あわせて、設備図や構造図・構造計算書を作成します。

■申請

確認申請の他、必要となる申請図書を作成し、関係機関との協議を行います。

■見積・調整

実施設計図を基に、建設会社数社から見積を取り、内容をチェックします。

予算に合わない場合は、設計内容を見直すなどの調整を行います。

工事監理
(6ヶ月~)
■工事監理

設計図どおりに工事が進められているかチェックします。

お客様には定期的に工事監理報告をいたします。

また、工事期間中の変更等にも対応します。

■検査立会い

中間検査・竣工検査をはじめとする、義務付けられている検査受験に立ち会います。

点検等
■1年点検

竣工後1年を目処に、建物に不具合が出ていないか点検を行い、施工者への補正の指導等を行います。

※その他、不具合箇所等が出た場合の対応を随時行います。